足場外し  外壁塗装工事

我が家は外壁塗装も終わり、これから足場外しが始まります。

足場外しは午前中で終わると聴いていたので、遅くないか?と思っていたら来た来た!9時!

足場が外れる前日まで主人が出張だったため、塗装工事に一番ハリキッていたのに最終チェックが出来なかったのです。

直したいところがあるなら早く言ってください(とは業者さんには言われてないけど)そんな状態になってしまいました。

主人が出張でいない間、めんこがふと、

「真ん中の黒い帯のようになっていた所、凸凹してるね。」と言います。良く見てるね。

バターを塗った食パンのようです。

黒かった部分は他のところと材質が違い、劣化が早く見た目も悪くなりやすいそうです。築20年経ってるみたいだと初めに言われてはいました。(責任者の人、ちょっとお調子者)が・・・

結局、黒く塗ったとしても凸凹なのは同じだと思うけど。

「よーく塗っときますんで!」って最初に責任者が宣言してくれてたし、まじまじと見てなかったなあ。

外壁塗装は主人主導の話でもあったので私はそんなこと (よーく塗っときますんで!) を塗装屋さんと約束してたのも忘れていました。

主人が足場外しの前日になってようやく、塗装の終わった我が家を見ることになったのです。

やっぱり凸凹だよなぁ、ということで塗り直しの件で、主人が責任者の方に電話を入れました。

受付の女の人が電話に出て、当日中に責任者の人とは話せなかったようです。

よーく塗っとく ≠ 平らになる  なんですね!

塗装で凸凹までは直らないんだ。

職人さん真面目にやってたし、ホントに私は全然気にしてなかったです。

翌日

足場を先に外されちゃったら塗り直しできないじゃん!そのくらいは私にも気が付いたので足場やさんに言いました。

「責任者に連絡します」

へ!?この件まだ責任者に伝わてな方の?

と、職人から即答されたのは良いんですが、見てると家の裏の方からどんどん足場を崩していってます💦

少し経つと、家に正面の例の黒帯だった他ところの足場も壊し始めています。

ちょっと待った✋と、足場やさんに言いましたら、主人と責任者が電話で連絡を取り合っていて、そのままでイイよという事になっていたらしいです。

こういう時、報連相は大事だなという事件でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする