雨天中止 外壁塗装工事

こんにちは!めんこ姫です!

ペンキの塗装第1日目が終わって、2日目はまたもや☂本当にいつ終わるのかわかりません。

昨日も大体一日中家にいたのですが、家のどこの部分から塗るのかに興味がわいてきました。

外壁塗装、家のどの部分から塗るのか?

そんなわけで、日中は作業が終わるまで、外から見るのもなんだし、ずっと家の中にいました。

臭いんだけれど、どうもリビングの周りは作業員がウロチョロしていないようです。

日が暮れてきてひと段落したようなので、作業がいったん終了しました。

作業員に聞いてみると、どうも裏の2F部分から塗っているような感じでした。

よくよく考えてみて、ちょっとなるほどーと思いました。

その部分からの塗装だと、リビング周りを通過する回数が少なくて済みますね。

例えばリビングが出発点だとすると、スタートとゴールの2回ペンキのにおいがきつくなる時期があるということ。

何回塗るかは知らないけれど、2Fの塗装からだと、お洗濯の干せる日が早く来るという算段なのでしょうか?

思い込みが激しいに他ならないんですけれど、そんなことを考えたりもしてみました。

家の中でも、臭さが強烈なところとそうでもないところがあります。

あーちゃんの2Fの部屋が一番臭いです。次にやはり2Fの寝室が。

リビング周りが始まったらぴのこが心配です。

インコのストレス

そんなわけで、インコのぴのこもお外が全然見れません。

私は、ビニールがぴったりと貼ってあるから、空気も通らないんだろうし開けても臭いんだなあ…と思っていたので、ペアガラスの窓を一か所も開けないで過ごしておりました。

音もしないし、外の様子も全く見えません。

インコも静かにしています。発情期で時々発狂してうるさいです(笑)

昨夜主人が帰ってきて、風邪が通るというのでやっと窓を開けました。

私は、あんま変わんないな、と思っていましたが。

しかし、翌日の昼間、その差は歴然としました。

道路を行きかう車の音や、お外の鳥さんの声がちゃんとするんです。

この変化にぴのこがいち早く反応し、スズメの声に ”ハッ!!” として、ヒロヒヨヒロ~♪とご機嫌な声を出し

「ねえ!スズメさんの声がするッ!」

と私の方をチラ見します。その後、多少活発に遊んだりするようになりました。

はやく日光浴や鳥たちとの交信をさせてやりたいよ。

これから確実に始めるであろうリビング周りの塗装の日が来るのが怖い。

塗料の材質(臭いタイプとそうでもないタイプ)

1日目、途中まで切りの良い所で終わらせたのか?日が暮れるころ作業はいったん終了になったようで、作業員が帰りのあいさつに来ました。

「臭いですか?」

って聞くので、臭いといったからと言って何かしてくれるん?と思いながら

「臭いです!でもしょうもありませんよね?(笑)」

と、答えました。すると

「これでも、臭いが少なめの塗料を使っています。」

とのこと。

・・・ま・・・塗装工事を終えたばかりのママ友が、”フェルトペンみたいな臭い” と言っていたソレとは違い、それほどではないような気もします (・・?

ママ友宅は、ウチと塗り方が違い、金属を貼るとか何とか言っていました。

とても値段が高いそうです。塗料も水性じゃなくて油性を使っているのかもしれません。

油性にしなくてよかった。

油性だから強度が高いというわけでもないらしいです。

普通水性なんだとか。インコが死んじゃう。

業者は平気で噓をつく?!

近所さんに挨拶に行ったときに(ウチと同時期に建てた家)

近所さんにもどこかの塗装やさんがセールスに来て

「この家は良い材質で塗ってあるのでまだ当分塗装の必要は無いでしょう。」

って言われたそうです。

しかし、今うちに入っている業者さんの上司である支店長みたいな人は、我が家を指さして

「あの部分が剥げているでしょう、普通まだこんなになんないよ!工務店というより、建てた下請けが安い材料費で済むように作ったんだ。」

っていうんです。そして

「築20年ぐらいしてるように見える!よな?!」

って、作業員さんに顔を向けていうんです。

「私共がしかり塗りますんで!」

とのこと。

家の真ん中の帯みたいな部分が”ケイカル”?という素材でできていて、そこがベコべコで特に低品質なんだとか。

本来取り替えてもいいような状態なんですけれども、重ね塗りをしっかりしておきますんで、とのこと。取り替えないからと言って今すぐどうのということはないそうです。

なんで業者によって言うことが違う?!

「初めての塗装工事で失敗しないために」みたいな講座が、あちこちで開かれているようですが、ホント!セールスしてくる言葉だけでは信用できん!

ウチに入っている業者さんは、これが格安なんです。

主人はそれこそ値段で決めてしまったようなものなんです。屋根や壁なんか、良いのか悪いのかさっぱりわかりませんからね。

どんなものなんでしょうかねぇ・・・

ビニールが貼ってある窓からの、夜の幻想的な景色

めんこが部活から帰ってくる時間帯、夕方の写真。リビングから。

庭の草木が車のテールランプに照らされて、こちらから見ると逆光で黒く浮かんで見えます。

また、完全な夜になるとこうでもなかったんですよ。

めんこと暫し鑑賞していました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする