チーちゃんとさようなら

こんにちは!めんこ姫です!

3週間面倒を見ていたシジュウカラの雛とさようならの日がやってきました。

可愛なぁ・・・温かったなぁ・・・面倒だったなぁ・・・チーちゃん・・・

うっ、うえ~~~ん💦

スポンサードリンク

ぴのこの嫉妬

チーちゃんとのお別れの儀式に、めんこの立会いできる日がこの日しかない。

少し肌寒かったけど、放しました。3週間一緒に暮らしました。

チーちゃんを放してから気づいたのですが、うちのインコ、ぴのこは嫉妬のあまり体調を崩していたのでした。

チーちゃんが居るときから何となく、そんなことってあるの?とは思っていたのですが居なくなってみて確信しました。

http://pinoko.menko.jp/category/%e4%bd%93%e8%aa%bf%e4%b8%8d%e8%89%af/ストレス性抱卵態勢

と、勝手に病気の名前を付けさせていただきました。

旅立ちの直前の家でのシジュウカラ

チーちゃんを放すので出かける直前のこと

止まり木で片足になって眠り始めました。

曇天で、少し肌寒かったし、風も吹いていました。

え!?今日しかないのに・・・寒いの?

でも、考えてみたらチーちゃんの仲間はとっくに巣立ち済み。

寒いの?はオカシイよ。

そんなに大事にしてどうするん?と思ったので

逃がすんでいいよね?

めんこに意思確認してみました。

めんこは、意を決したように

「放そう!」

と言いました。

思えば主人がこんなに引き延ばしたんだ!

ぴのこがこんな病気みたいになっちゃってるのに。

主人は自分も別れの儀式に立ち会いたかったのだと思う。

というか、一応何かちゃちを入れてくるのが常。

けれど、主人の会社と、めんこの部活の先輩の引退試合、塾、いろいろと用事が重なって日程が伸びてしまったので

ついに主人の許可が出ました。

自分がいない時でも、放して良いそうだ。

「寒そう」ぐらいでお別れを引き延ばしていたら、いつになっても自然に帰せない。

主人は構わないけど(笑)めんこは立ち合いを強く希望していたので

めんこには立ち会わせてやりたかった。

野鳥の森でのチーちゃん

チーちゃんをめっけたのは、近所の学校の植え込みのそばなのですが

だいぶ人に慣れてしまったので、人がいないところに帰すことにしました。

こんなところで餌探せるのかな?すごい鬱蒼としていて暗い森です。

いつでも飛んで良いように手に乗っけているのに

周りをしきりに見回しますが、飛ぼうとしないんです。

思えば、家のリビングでも着地点をあらかじめ決めてから飛び立っていました。

リビングを大きく3周したらソファの上に着地ね、というように。

お決まりのコースをあらかじめ設定してから飛び立っているみたいでした。

このくらい森は、広くてどこも同じようで、着地する場所が決まらなそうでした。

いつになっても飛ばないので

「背中を触ると反射で飛ぶ」習性を使ってみました。

飛んだ!!・・・のだけど

まだ手の届くところに着地してしまいました。

できれば後腐れなく

「ツツピ~~~ン♪」

とか言っちゃって、どっかすぐに行って欲しかった・・・

もう一回捕まえてみました。

持てるじゃん(困惑)

こんなんじゃだめだよ(涙)

もう一回背中を触ったら今度も、すぐに着地してしまったのですが

今度は行方が分からなくなってしまいました。茂みの中に落ちた!

すぐそこにいるはずなんだけど。

ま、そのつもりで来たんだから・・・と言い聞かせて

めんこと帰りに向かう途中、何度も名前を呼んでみましたが

何も答えてはくれませんでした。

めんこが泣き始めました。

でも、さすが中学生

チーちゃんにはいい選択だったと、前向きに考えています。

諦めたというか。

幼稚園時代だったら数日泣き続けるだろう。

チーちゃんは、美味しいミルワームもたくさん食べさせてやったし

もう心配するのはやめようと、めんこと話しました。

追記  2017・08・04

チーちゃんを放してからというもの

家の外でもしきりに鳴いていたシジュウカラたちが居なくなりました。

「ハッ!!あれうちの子!!」

ってずっと見てたんかな?

だとしたら、可哀そうなことをしてしまった・・・

追記  2017.08.23

シジュウカラはピーナツがお好き、と聞いていたので与えたことがあるのですがまだ、幼くて食べれなかったなあ・・・

ペットショップで今頃、粉末ピーナツなんていうものが入荷してあった。

買っても大量に残っただろうし、至れり尽くせりあんまりしなくて良かったかな・・・

今、生きているんだろうか?

検索してみたら気づいたのですが、人間の製菓用でもいいかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする