他の支所の本を最寄りの図書館で借りる方法があるのをご存知ですか?

スポンサードリンク

私が図書館通いが好きなわけ

私は、子供が小さいころから図書館通いが好きです。

あーちゃんが産まれて、まだ生後0~1か月の頃に

  アニメの「一寸法師」

を読んでやったことがあります。

回転する陳列棚でたくさん売られている、よくスーパーで見かけるやつです。

読んでやると、言葉もわからないくせに、目を輝かせて、鼻の穴を膨らませて

「オウ~!オウ~!」

と喜びます。

「かるたのあいてをしておくれ いっすんぼうしは ひめの だいのおきにいりです。」

というところで、ド~ンと出てくる、姫の大きな画像に手足をバタバタ・・・(;’∀’)

読み聞かせは、子供に良いとは聴いていたので、早く読んでやりたくて、新生児の頃からやってました(笑)

婆さんが呆れて見ていた顔が忘れられないよ。(プッ・・・)

「呆れないで~!あーちゃんが、こんなに喜んでいるということは、絶対いいことに決まってる!」

と、お構いなしで何度も何度も繰り返しやってました。

喜ぶ子供の顔を見て、こっちも子供がかわいく思えてくる。

親子共に良い効果がありますよ、絶対!

ところで、支所によって並んでいる本の顔ぶれが違うのってご存知でしたか?

インターネットを使えば、市内のどの図書館からでもお好きな書籍を取り寄せることができますョ 👂

私は、よく最寄りの図書館で、市内のほかの図書館からの本を受け取りに行きます。

インターネットで予め申し込みをしておくのです。

「私は昔物だから・・・(笑)」

と、どこから聞こえたような・・・空耳?

でも、気に入った本を読んでいたら、裏表紙にもシリーズの本の紹介がしてあって

「これが借りたい!」

って思ったことはありませんか?

先ほども触れましたが、支所によって扱うジャンルに偏りがあるんです。

これは行ってみないとわからないことです。

子供が小さかった頃は、ガラケーも持っていない程で、わざわざ車で方々の支所を

渡り歩いていました。自分も本、読みたいし。

もちろん、インターネットなんかには縁がなかったです。

歳がバレる・・・

ある支所では、周りにマンションなどが多く、子供が多いせいか、絵本や、小学生向けの本が充実していて

読み聞かせをする舞台のようなものまであります。

紙芝居もたくさん置いてあります。

児童館や検診をする施設なども併設されています。

でも、大人の本は、料理とかガーデニングなどの本がちょこっと置いてあるだけで

ちょっとつまんない(笑)

別の支所には、楽譜や作曲家の本がズラ~リ!

IT関係の本や、美術作品の写真集、絵本はもちろん、趣味の本が蔵書が多い感じです。

また、違う支所には、何やら専門書が多いような感じです。

児童心理学とか、なるにはBOOK(将来何になりたいか)とか、文豪の書いたものの単行本とかが多いです。

地域に住む人の層によって?それとも、市内でほんのジャンルを偏らせることがコンセプトになってるの?

というほど、偏っています。

知らなきゃ知らないで終わってしまいます。

インターネットで各支所の本が取り寄せできる

一か所の図書館だけでは、足しげく通うには飽きがきます。

ビデオやCDなどは、窓口まで返却しに行かなくてはなりませんし。

しかも、延滞無しの2週間。めんどくさいです。

あーちゃんがまだ小さかった頃は、動揺のカセットテープ(何時代?)やアニメのビデオを

借りに行って、2週間後に返しに行ってました。

宅配サービスというものもあったけど、お金が掛かることはしませんでした。

車を運転しなかったりすると、簡単に隣町にも行けません。

市内に件数あるわけではないので、下手するとバスを乗り継がないと図書館まで

辿り着けないなんてこともあるか、図書館に行くという選択肢すらなくなってしまうかもしれませんね。

本を読む(私は、借りて返すだけも多い)のは楽しいです。

図書館のホームページに是非アクセスしてみてください。

パソコンの得意な息子さんに頼んでしまえば、最初の作業はこれっきり!

借りるためのパソコン操作は超簡単です!

あーちゃんもめんこも絵本が大好きでした。

寝っ転がって口を動かして読んでやるだけだから、ママも楽♪

ばあちゃんは、お孫さんの面倒を見るときなど、もっと楽チンを実感するのではないでしょうか?

自分で読むようになったら、一緒に読書💛