ダブルお見舞いに行ってきました

先日、病院に2人分のお見舞いに行ってきました。

自分の方の父と、主人の方の母親。

いつまでも元気だと思っていたのに、そんな時期に来てるのですね。

義母が○○基底〇胞癌、父が脳梗塞(1度起して5か月後にも再び)です。

癌の方は、街の眼科で1年2か月経過をみていたそうです。

なかなか治らないので薬を何度も替え、最後にはステロイドが出たそうです。

できものも、大きくなってくれば来るほど成長のスピードが急速に速くなるみたいで

最近になって、これはおかしいと思って総合病院にかかったそうです。

1年2か月の間、見当違いな治療を続けてしまったようです。

街のお医者さんは、結構、年がいってたそうです。

お医者さんにもいろいろいますから、患者が上手に選ばなくてはいけません。

せめて近くにでも住んでいれば、もう少し早く

セカンドオピニオンを勧められたと思います。

70歳も過ぎてくると、インターネットで調べたり、医者を替えてみたりすることは

どんなにしっかりした人でも、思い付かないし面倒みたいです。

両家を見舞ったわけですが、義母の方に行ってから父の方に行って、癌の話をしていると

母にもできものがあるんだそうな➘

それも、変な所と言っていました。

心臓で病院にはかかっているので、診てもらえばいいのに。

すぐに病院に行くようには薦めたのですが、”いいや~”みたいな感じでした。

父は、しばらく歩いてなくて下半身がこじんまりしてしまっていました。

筋肉は使わないとどんどん減っていくんですね。

とても通えないところにどっちも住んでいるので、困ってしまいます。

義母は最近スマホを手に入れ、ようやく検索が出来るようになったそうです。

自分の病気のことも調べて随分役に立ったと言っていました。

なので、この記事はしばらく公開しないことにします。

アクセスは1ケタなのですが、ワードを入れると結構2枚目3枚目に表示されたりすることがあるので

ヒヤヒヤです。

スマホに興味を持ち始めましたが、使わないだろう、と何年もガラケーでしたが

遂にスマホデビューしちゃいました。

ブログは、全て”めんこORめんこ姫”になっているので、危険です。

1つ見つかれば全~部ずらずらずら~~~~と出てきてしまいますし。

義母の病室には、たぶん親類のあの人からのものと思われるメロンが置いてありました。

そこの総合病院の婦長さんと言っていたので、メロンのお見舞いは正統中の正統なのでしょう。

食べづらいだろうに、なんでメロンなんでしょうね?

現代は、生活習慣病で入院し食事制限がある、という人が多いと思いますし。

でも、メロンは存在感がありましたΣ(・□・;)

他にお見舞いの方がいらしたのね、とすぐにわかります。

くれたので持って帰ってきてしまったのですが、病院で剝いてくれば良かった?

ブログですが、病名を出さなければ、辿り着かないだろうから病名を伏せて公開しておきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする