ピノコの闘病日誌

11月14日のピノコ

dscn5027

隣町のペットショップで詰まった卵を取ってもらいました。

帰宅後のピノコ。

卵を取った直後のピノコは、パニック状態で体中が痙攣していました。

口をパクパクしていて、瞳孔は真っ黒に見開かれていました。

鼻血も両方の鼻の穴から出てしまい、肛門の周りは血まみれで、変わり果てた姿になっていました。

ペットショップのお婆さんが卵を見せてくれました。

運動不足で筋力が弱ってて、骨盤も狭かったので、自力で産めなかったとのこと。

昼間、いきんでいたのに夕方になったら静かになってしまい、ただ事ではないかも、という事で

ペットショップに連れていきました。

口コミで、卵詰まりを治してくれると聞いていたので。

こんなに疲れてしまって、次の産卵が心配です。(11月16日  卵は1個だったことが 別の獣医で判明)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする