インフルエンザが流行る前に鼻炎の薬を貰いに行きました

昨日、めんこ中1には部活を休ませて、耳鼻科へ連れていきました。

主人の命により(笑)

一年中鼻水を垂らしていて、俗にいう通年性鼻炎なのです。

あーちゃんの方が実はもっと酷いのですが、主人は、めんこを医者に連れていけと言いました。

あーちゃんは、薬貰っても治す気が無くて、薬なんか飲まないし、高3でタダじゃないからな。

昨日は、耳鼻科の先生への説明が、なんかおかしくなってしまいました。

「今までも鼻水が出てたのに、今回、どうして来ようと思ったわけ!?」

と、言われました。

「最近特にひどいので・・・ティッシュもたくさん使うし、痰が絡むようなので・・・」

と、答えたら、

「副鼻腔炎だと困るから、レントゲンを撮りましょう」

めんこが連れていかれました。

副鼻腔炎はなかったので、アレルギー薬、一式貰ってきました。

主人は、漢方を貰って来いなんて言っていました。

医者じゃなくて、薬の種類もさして知らない癖に、

「エパデールをください」

とか、内科の医者に言っちゃってます。

かかりつけ医は、すんなりくれるのですが、他にかかってそれをやると

意地でもくれないそうです。

漢方の件は、耳鼻科の先生には、失礼にならないように

「長く続けるには、漢方の方が良いんですかね?」

なんて言いながらお願いしました。

「体質改善じゃないから、同じだよ!!」

と、言われてしまいましたが、昔?漢方貰ってたから、めんこには漢方(小青竜湯)も

アレロックも点鼻薬も出ました。よかった・・・

果たしてめんこは、漢方を飲もうとしませんでした。

点鼻薬はやるけど。

そう、今まで放置してたのに、急にまじめに薬を飲むなんていう矛盾は見逃さない

めんこなのです。

体質改善じゃなのなら、少しぐらい鼻が垂れてても不自由してないし

飲まなくも良いのかなあ?と思ってしまいます。

すごく鼻が出た時に飲ますのか?その時は風邪だよ、きっと・・・

それでも、なんか薬が置いてあった方が安心なのでしょうかね?

いや、主人は、今回の3連休は、精力的に医者回りしていた・・・

胃の検査日・歯の検診・・・風邪も丁度?引いていたので内科にも・・・

「ついでにめんこも薬貰って来い!」

と、一気に片付けたい心理だったのでしょうか(笑)

以前、何でもかんでも指示してくる日、というのがあるので

超不快で聞いてみたら、

「一度に片づけたくなる日がある」

と言っていましたから、多分それと同じなのでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする